FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

あひゃ 

ちゃお。

けっこう前の話になるんですが、部活で大会に行った時のこと。

まぁ、部活が一緒ということもあって、げまと共に“夜戦”なるものをしました。

俺はCz75サイレンサー付き



げまはGLOCK18Cの電動


暗くて静かだということもあって、スタートの合図は携帯で、片方が準備OKだったらワンコールして、受けた方も準備ができたらワンコールしなおす。というやり方。

1対1で、他に気を使わずに済むからそれなりにやりやすかったけど・・・

けっこうな距離からのスタートだから、敵と交戦するためには、かなりの距離を移動する必要があるのだが、、元々の性格か、げまはスタート地点付近で待ち構える(守る)ような状況で、必然的に俺が攻め込むような形になった。


晴れていれば、確実にサバゲなんて不可能なフィールドだけど、夜というシチュエーション自体がブッシュの役目を果たしているおかげで、見付からずに移動するのは案外簡単だったりする。

むしろ、草とかのバリケード越しに移動するのよりははるかに楽に移動ができる。

くぼ地や明暗の差、濃い影なんかを上手く利用すれば、本当に強い。

姿勢はほとんど中腰ぐらいという高さまで落として、構えた銃は常に前に向ける。

銃は前方に向けて構えたまま移動する。

ちょうどMGS3のスネークさんばりに。

もーちょいがんばればフリーズコールもできたかもしれないけど、安全第一。射程距離内でワンショットワンキル。

ノンホップということで、その距離およそ10メートル。

昼間のサバゲなら 近接戦闘 の部類に入るような距離で、いつ見付かってもおかしくないような距離。

落差を考えて少し高めに撃つけど、弾道は確認できず。

一応のヒットだけど、あそこでもし一撃目を外していたら・・・確実にやられたのは俺の方だろう。

なぜか?

10メートルの距離で気づかれれば、よっぽど運が良くないかぎりは、反撃されて死亡するからだ。


緊張感、静寂、、、


自分の鼓動や息遣い、足音まで鮮明に聞こえてくる。

夜戦とは、己との戦いなのかもしれない・・・と。

そんな気がしましたね。


あと、夜戦では暗がりを照らすためにフラッシュライト等が要るように思うかもしれませんが、決してそんなことはないと言えます。

むしろ、そんなもん不要なぐらいでした。

暗闇に一点、光が点るだけで、相手の居場所は特定できるし、室内戦でのエントリー時に相手の動きを封じるために使うなら別ですが、外でしかも1対1だと、ライトを点灯させるのは自殺行為に他なりませんでした。


かくして


第一回夜戦は無事に、いろいろな収穫と共に幕を閉じました。


みなさんも夜戦なんかしてみてはいかがでしょうか?


ではでは。

ノシ

テーマ: ラジオ

ジャンル: 日記

« あひゃ  |  あひゃ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://0nanunit.blog37.fc2.com/tb.php/346-2bddb8b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こねこ時計 ver.1

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。